お悩み解決 人生 人間関係 書籍紹介

恨みが消えない時どうする?恨みを断ち切る5つのステップを徹底解説!

皆さんの中に、「消えない恨み」を持っている方はいらっしゃいますか?

どうしても納得のいかない事。

どうしても許せない事。

生きていく上では、ある人や出来事を「許せない!」と思う日もあるでしょう。

しかし、その思いが何ヶ月も、何年も続くとなると、事態は深刻です。

特に、深く信じていた人や職場に裏切られた辛さは、強い恨みとなって心に残ります

ただ、誰もが「恨み」を持ちたくて持っているわけではないと思うのです。

できる事なら「恨み」なんて解消したいし、綺麗スッキリ前を向きたい!

そう考えている方が大半なのではないかと思います。

私自身も、「恨みを溜め込みやすい性格」と言われており、自己変革に苦戦した時期があります。

消えない恨み心は、一体どのようにしたら解消できるのでしょうか。

今回は、皆さんと共に「なかなか消えない恨み心」に向き合い、恨みを断ち切り、前に進むための5つのステップ」を徹底解説していきます!

最後までお見逃しなく!

 

「恨み」とは?

まずはじめに、一般的に「恨み」とはどのような意味で使われているのか、確認しておきましょう。

うらみ【恨み/▽怨み/▽憾み】 の解説

1 他からの仕打ちを不満に思って憤り憎む気持ち。怨恨 (えんこん) 。「あいつには―がある」「―を晴らす」

2 (憾み)他と比べて不満に思われる点。もの足りなく感じること。「技巧に走りすぎた―がある」

3 残念に思う気持ち。心残り。未練。「―の雨」「あの結果を―に思う」

4 悲しみ。嘆き。

(出典:デジタル大辞典)

ほとんどの場合、「恨み」とは、「自分以外の何者かによる仕打ち」を不満に思う気持ちだと思います。

恨みが消えない状態とは、誰かに対して、常に不満を持ち続けている状態ともいえます。

 

恨みが消えない人の心理7選!

では、恨み心が消えず、恨み続ける人には、どのような心理が働いているのでしょうか?

当の本人には厳しい話かもしれませんが、恨みが消えない人に対して客観的に言われている心理7選をご紹介します。

この記事を書いている私自身も、3分の2くらいは当てはまっていた経験があります……。

ご自分に少しでも当てはまるところがあるなら、改善点を見つけた!と前向きに捉えて下されば幸いです。

 

1トラウマから逃れられない

昔酷い目に遭ったことを、昨日の事のように再現できる。

2復讐心が強い

やられた分、「必ずやり返してやる!と心に強く誓っている。

3自己正当化

事実を捻じ曲げてでも、「自分は全く悪くない!と開き直っている

気が強い。

4自己憐憫

自分はなんて可哀想なんだ!」と嘆いている。

他人の同情を引こうとしている

5相手を非難しつづけ、償いを求める

あの時、アイツを信用したから事業が失敗した」など、相手を責める。

できることなら、今からでも「謝れ!」と思っている。

6過去の不幸を抱きしめている

自分=過去に辛い事・恨むような事があった存在」と形作ってしまっている。

7不公平感が強い

アイツばかり優遇されて、自分は不公平だ」。

周りの人と比べて、不幸である自分はおかしい!と思っている。

 

〈総合評価〉

「恨みが消えない人」は、「今、自分が幸福でない原因を、自分以外のものに求めている」状態です

そして、そのような方の多くは、「恨みが消えないと、自分は幸福になれない」と考えています。

 

恨みが消えない時のデメリット12選!

「恨み」が消えない場合のデメリットを考えると、「恨み」を持たない方が良いと実感できるかもしれません。

生活面・精神面・健康面からそれぞれ4選ずつ、計12選、ご紹介します。

 

【生活面の悪化4選】

時間が奪われる

運が悪くなる

評判が悪くなる

トラブルが増える

【精神面の悪化4選】

気持ちがイライラする

精神的に疲弊する 

孤独になる

自暴自棄になる

【健康面の悪化4選】

ストレスが増える

睡眠不足になる

血圧が上がる

免疫力が下がる

 

恨みを手放し、許しの気持ちを持てると、これらの心身の不調から解消され、快活に生きていけることが分かっています。

 

①簡単に恨みを消し去る方法3選!【恨み解消・初級編】

では、皆さんが消えないと思っている恨みは、本当に消えないのでしょうか?

実は、簡単な心がけ次第で、つい恨みを持ってしまう自分の心をコントロールすることができます。

そこでまず、恨み解消の初級編として、簡単に恨みを消し去る方法3選ご紹介します。

どれもすぐに取り組めるので、実践してみてくださいね。

 

1「マイナスの思い」を止める

まず、マイナスの念いを今すぐ止めましょう!

すぐには恨みは消えないと思える場合でも、せめて自分自身への毒となっている「恨み」を発信するのを止めましょう

具体的には、次のような決意が必要です。

復讐はしないと決める

物理的な距離を置く

考えを別の方向に向ける

相手の事情もあると割り切る

 

2「因果応報」を信じる

仏教には「因果応報」という言葉があります。

【因果応報】

人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。▽もと仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがあること。現在では悪いほうに用いられることが多い。「因」は因縁の意で、原因のこと。「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

出典『大慈恩寺三蔵法師伝だいじおんじさんぞうほうしでん』七

【類語】

悪因悪果あくいんあっか(悪い行為には、必ず悪い結果や報いがあること)

善因善果ぜんいんぜんか(よい行いをしていれば、いずれ良い結果に報いられるということ)

(引用: 三省堂 新明解四字熟語辞典)

「善い行いをすれば善い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いが返ってくる」というのが「因果応報」の意味です。

もし自分が今恨んでいる人が、悪い事をしてあなたを陥れたとします。

すると、因果の理法が働き、その人は必ず悪い報いを受ける事になっています。

そうであるならば、わざわざあなたが復讐したり、仕返ししなくてもいいんです。

必ず自滅していきますので、それはその人次第、と割り切って、あとは気にしないのが一番です。

もしここであなたが恨んだり復讐してしまうと、その悪い事をした人と同じレベルまで引き下がってしまいます

そんなの、自分の心が汚れるみたいで嫌じゃないですか?

志高く、恨みの世界からはサッパリ抜け出して生きていただきたいです

参考書籍

・ジェームズ・アレン「原因と結果の法則」

仏教における「因果応報」の考え方は、近代のイギリスにおいても、「原因と結果の法則」という世界的名著に書かれています。

著者のジェームズ・アレンは19世紀のイギリス人。

自分をとりまく環境という“結果”は、自分の思いという“原因”が作り出したものである

良い心は良い実を結び、悪い心は悪い実を結ぶ

『原因と結果の法則』は、目に見える物質の世界においても、目に見えない心の世界においても、常に絶対的であり、ゆらぐことがない

(引用:『原因と結果の法則』)

1902年に書かれた本書は、優れた古典として、今もなお世界中で愛されているロングセラー本です。

分かりやすく「因果応報」の理論を知りたい方にもおすすめです。

 

3今やるべきことに集中する

恨んでいる時間があったら、仕事や学業など、ご自身の今やるべきことに集中してみませんか。

恨んでいる時間は人生においてはマイナスの時間ですが、社会のお役に立ったり、誰かのために頑張る時間プラスの時間です。

人生は意外と短いものです。

恨んでいる時間がもったいないです!

いつまでもクヨクヨ考えるよりは、建設的な時間を過ごしていってほしいと思います。

 

②努力しても消えない恨みへの対処法3選!【恨み解消・中級編】

もし、「努力しても恨みが消えない」となると、その恨みはかなり根深いところまで入っています。

思い出さないようにしても思い出されるなら、一度期間を決めて、徹底的に自分と向き合う必要があります。

これを仏教用語でいうと「反省といいます。

反省というと、「自分の非を認めるようで嫌だ」と思う方がいるかもしれません。

でも、反省とは「自分の心を正しく省みる」という意味です。

もし自分の中に、不幸の理由を相手のせいにする極端な部分があるならば、それを正しく認識し、軌道修正するだけでも、心の重荷は取れていきます。

※ただし、一定の反省期間が過ぎたら、ズルズルと引きずるのではなく、切り替えて日常生活に戻り、明るく積極的に前進していっていただければと思います

 

1自分の責任を考える

自分にも一定の責任があったのではないか」と考えて、自分を諌めてみてはいかがでしょうか。

人間関係でも戦争でも、100%どちらかが悪い、というケースは考えられにくいです。

自分の非はただの1%もなかったのか?

そう考えると、相手を責め続ける姿勢も考えものだと思えるかもしれません。

 

2相手の気持ちを考える

相手にも事情があったのではないか、と考えてみることはできるでしょうか?

相手も一生懸命だったから、経験不足だったから、大変だったから……。

どんな人にだって、他の人には分からない苦しみがあるものです。

自分だって相手のことを100%理解できていないのですから、全力で相手の事を恨んでしまうのは、やり過ぎではないでしょうか。

できれば、「罪を憎んで人を憎まず」の境地になれると、自分も気持ちが楽になりますよ。

 

3恨みを紙に書き出し、整理する

毎日グルグルと同じ恨みを考えてしまうなら、いっそのこと紙に書き出した方がスッキリします!

自分が恨んでいることは何なのか?

どうすれば良かったのか?

今から解決できる事は何なのか?

こうしたポイントを書き出すことで思考が整理されていきます。

まず、解決できる事が見つかったならば、そこから取り組んでみましょう!

そして、解決できるもの以外の悩みは、考えても仕方がないことが多いです。

もし、解決できる事がないならば、「恨み心をなくす事」が、ご自身にとっては1番の解決方法かもしれません。

 

③恨み心がどうしても消えない時の考え方3選!【恨み解消・マインドセット編】

忘れようとしても、過去を振り返って精算しようとしても、どうしても、何をやっても、恨み心が取れない!!

そんなどうしようもなく重症の恨みを抱えている方も、中にはいらっしゃると思います。

あるいは、何十年も恨みを抱えておられる方もいるかもしれません。

そんな方が恨みとサヨナラするには、皆さんの元々持っている考え方自体を変える必要があります。

これを「マインドセット(考え方・思考パターン)を変える」と言います。

悩みと訣別するためのスペシャルな考え方をご紹介しましょう。

 

マインドセット①「消えない恨みを作り出しているのは自分自身」と自覚する

消えない恨み心を持つ方に知っておいてほしい事があります。

恨みの原因を作っているのは、実は自分自身です

残念ながら、あなたがいくら恨みの感情を持っても、相手が直接的に苦しむことはありません

恨みの感情が苦しめるのはあなた自身であり、「自分で自分を苦しめている」状態になってしまいます

たとえて言うならば、恨みの消えない状態とは、「恨み」という名の毒をずっと飲み続けているようなもの。

できれば今すぐ、「恨み」の毒から離れましょう

 

マインドセット②消えない「恨み」は自分に返ってくると心得る

恨み続けると、そのマイナスの思いが自分にも返ってきて、自分をも傷つけることになります。

これは、「恨み続けることによって心身に不調が出る」という前述の結果を見ても明らかです。

大切な自分自身を、自分の発する「恨み心」によって傷つけてしまっては元も子もありません。

過去の不幸を引きずって、他人の同情を引くような生き方をしても、決して幸せになれません

恨み心はできるだけ消し去ることが、ご自身のためだと言えます。

 

マインドセット③「恨み心で恨みは解けない」を腑に落とす

仏教の言葉で、「恨み心で恨みは解けない」という言葉があります。

自分の力でどうにもならないものが、自分の人生を変えてしまう事だってあります

予期せぬ事故

予期せぬ震災

予期せぬ戦争

私たち個人の力ではどうしようもない事態が起きた時、全員が世の不条理に対して恨みを持つ可能性だってあります。

しかし、残念ながら、恨みによって、事故や震災、戦争を解決した人は見当たりません

どうしても許せない思いが湧いてきますが、恨んだところで、私たちは決して幸福になる事ができません

マイナスの思いを断ち切り、プラスの思いを出して、周りの人の幸せを考えられるようになってはじめて、私たちは幸せに生きることができると思います。

 

コラム】恨みが「戦争」を引き起こす

今、私たちはこぞって「戦争はいけない」、といいます。

ただ、国民全体が「消えない恨み」を持つようになると、「戦争」が起きることをご存知でしょうか?

消えない恨みの例①真珠湾攻撃

日米戦争のきっかけです。

日本軍の奇襲攻撃に対し、「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」のスローガーンの元、ルーズベルト大統領は日本との徹底抗戦を始めました。

国民の日本への恨み心を増大させ、戦争を後押しするきっかけを作ったと言えます。

(実際には、日本軍の真珠湾攻撃の情報はアメリカ側は既につかんでおり、「国民感情に火を付けるため、あえて攻撃させた」とも言われています)

消えない恨みの例②広島の原爆

今なお、罪もない人たちの命を奪った原爆を恨み、「アメリカ憎し!の気持ちを持ち続けている方もいます。

でも、その気持ちを極端に突き詰めていくと、実は「謝れ!謝るまで許さない!」となり、次なる戦争を呼び込むきっかけになってしまうのです。

恨み心で恨みは解けない」、これをしっかりと腑に落とし過去の反省を教訓として、次なる発展を目指していくことが大切です。

 

④消えない恨みを教訓へと昇華させる方法3選!【恨み解消・上級編】

消えない恨み心を消す道筋は見えてきたでしょうか?

ここからは、恨み解消の上級編として、恨みを教訓へと昇華させる方法3選をご紹介させていただきます。

 

1恨みの生じた出来事に意味を見出す

その事件があったから、大切なことに気づけたのではないでしょうか?

忘れる事のできないほど強烈な恨みになっているのなら、その出来事は間違いなく、あなたの人生の中で大きな問題集です。

自分の人生にとって大きな意味のある何かを学ぶために、必然的にぶち当たった問題だった」と考えてみましょう。

人生における全ての出来事は意味のあること」という考え方もあります。

たとえ理不尽な目にあったとしても、「恨み心を抱かずに、問題集を乗り越えられるか」が試されていると思えば良いわけです。

予期せぬ人生のつまずきは、あなたがこの先大きく花開くチャンスになるかもしれません

 

2.感謝する

恨む事をやめられないならば、恨む気持ちを一旦脇に置いておき、相手に感謝してみましょう。

もちろん、「恨んでいる相手に対して感謝の気持ちを持つ」ということは並大抵の努力ではできません。

ただ、相手だって同じ人間です。

間違うことだってあるし、辛いことだってある。

相手の中に一つでも共感できることがあると、感謝しやすいかもしれません

相手に「ありがとう」と言える部分、一つくらいは見つかりますでしょうか?

もし、相手に感謝をすることが出来たならば、自分自身を褒めてあげてくださいね。

感謝することで、相手へのマイナスの思いも自然と消えていきます。 

 

3相手を許し、相手の幸せを願う

相手を許し、さらに相手の幸せを願う」ことが出来たならば、あなたの心は天使のようです。

歴史上で言えば、リンカーンのような偉人であれば、この境地に達することができました。

相手の幸せを心から願う事ができた時、あなたは晴れて恨みから卒業できていることでしょう

そして、そんな立派な心がけを持つ人を、周りが放っておくわけがありません

必ずや引き上げられ、新たな成功のチャンスを掴めるでしょう

 

【コラム】恨みを克服する偉人の言葉

「復讐する時、恨みの相手と同じレベルである。しかし、許す時、恨みの相手よりも上にある」フランシス・ベーコンー16世紀イギリスの哲学者)

(引用:Wikipedia

(引用:Amazon

「知は力なり」「帰納法」などで有名な思想家フランシス・ベーコンの名言20を超訳にてご紹介!

何人に対しても悪意を抱かず(エイブラハム・リンカーンー第16代アメリカ大統領)

(引用:Wikipedia

(引用:Amazon)

リンカーンは南北戦争の責任は南北両方にあるとし、博愛と寛容の精神を訴えました。

「人民の人民による人民のための政治」という有名な一説を含むゲティスバーグ演説など、リンカーンを代表する有名な演説が学べます。

 

⑤消えない恨み心と訣別し、成功する方法2選!【恨み解消・超上級編】

消えない恨み心を持ち続けている状態は、言ってみれば「心の病」にかかっている状態。

恨みの世界からおさらばし、新たに出発するための方法をご紹介します。

 

1.周りの人を研究する心を持つ

恨み心を持っている時は、自分の悩みで心がいっぱいだったはず。

心機一転、周りの人を研究してみませんか?

人は一つのベクトルにしか思いを向けられません

自分以外の人の研究をしていくことで、自然に自分自身の悩みから離れ、学びを吸収する姿勢に入れます。

 

①不幸な人を研究する

その人がなぜ不幸になっているのかを研究してみましょう。

その人は一体なぜ不幸なのか

不幸の原因はどこにあるのか

自分以外の、他の人が失敗している例を見ると、問題点が見えてきます。

 

②成功している人を研究する

世の中の成功者を研究してみましょう。

自分より優れている点を必ず学ぶことが出来ます

ただし、他人の成功にケチをつけていると成功できません

決して嫉妬はせず、素直に学んでいく姿勢が大切です。

成功者に入るには、すでに成功者となっている人から謙虚に学んでいくことが必要です。

 

2.向上への志をもつ

志を高く持ち、理想を描けるのは一種の才能だと言われています。

スッパリと恨み心とおさらばした後は、マイナスの思いを出さず、他の成功者を研究し、志を高く持ち、理想に燃えることです

自分の人生にさらにもうひと工夫を重ね、もう一度向上への志を掲げ、挑戦していくこと。

参考書籍

・大川隆法「人生の再建」

現代における仏教マインドの大家といえばこの方。

万人に共通する心のコントロール法が書かれており、知らないと本当にもったいないレベルです!

【ポイント】

恨み心で恨みは解決しない

マイナスの思いを止める

研究する心を持つ

向上への志を持つ

マイナスの思いを断ち切り、そしてプラスの思いを出していく。『他の人が幸福になる方法はないだろうか』ということを常に考えていく必要があるのです。

(引用:「人生の再建」)

 

〈恨み心が消えない時どうする?恨みを断ち切る5つのステップを徹底解説!まとめ〉

いかがでしたでしょうか?

今回の記事をまとめると、以下のようになります。

 

メモ

○恨みとは

「自分以外の何者かによる仕打ち」を不満に思う気持ち

恨みが消えない人の心理7選!

1トラウマから逃れられない

2復讐心が強い

3自己正当化

4自己憐憫

5相手を非難しつづけ、償いを求める

6過去の不幸を抱きしめている

7不公平感が強い

恨みが消えない時のデメリット12選!

生活面の悪化4選

時間が奪われる

運が悪くなる

評判が悪くなる

トラブルが増える

精神面の悪化4選

気持ちがイライラする

精神的に疲弊する 

孤独になる

自暴自棄になる

健康面の悪化4選

ストレスが増える

睡眠不足になる

血圧が上がる

免疫力が下がる

恨み解消ステップ①

①簡単に恨みを消し去る方法3選!【恨み解消・初級編】

1「マイナスの思い」を止める

2「因果応報」を信じる

3今やるべきことに集中する

恨み解消ステップ②

②努力しても消えない恨みへの対処法3選!【恨み解消・中級編】

1自分の責任を考える

2相手の気持ちを考える

3恨みを紙に書き出し、整理する

恨み解消ステップ③

③恨み心がどうしても消えない時の考え方3選!【恨み解消・マインドセット編】

マインドセット①消えない恨みを作り出しているのは自分自身」と自覚する

マインドセット②消えない「恨み」は自分に返ってくると心得る

マインドセット③「恨み心で恨みは解けない」を腑に落とす

恨み解消ステップ④

④恨みを教訓へと昇華させる方法3選!【恨み解消・上級編】

1恨みの生じた出来事に意味を見出す

2.感謝する

3相手の幸せを願う

恨み解消ステップ⑤

⑤恨み心と訣別し、成功する方法2選!【恨み解消・超上級編】

1周りの人を研究する心を持つ

①不幸な人を研究する

②成功している人を研究する

2向上への志をもつ

 

「因果の理法」を信じる「恨み心で恨みは解けない」など、仏教的メソッドは人生の悩み解決の心強い味方です。

この記事を参考に、皆さんが苦しい恨み心から抜け出し、明るい未来を目指していけますように。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

-お悩み解決, 人生, 人間関係, 書籍紹介